「業火(ごうか)」とは、本来「仏教で、悪業(あくごう)の報いで地獄に落ちた人を焼く火」 や「悪業が原因で身を滅ぼす結果となった罪人を焼き苦しめる地獄の猛火」、「罪人への天罰としての地獄の炎」という意味などである論 etc...

⇒ これは悪辣 アベッチの「広島平和記念式典」の原稿 「業火」で焼かれるとありますが、「業火」は本来「仏教で、悪業の報いで地獄に落ちた人を焼く火」