いわゆる“不正選挙”に関する事柄などついては、真実が世の中に広まると社会の根幹が揺らぐほどの問題になってしまうので、自己保身や言論封殺、思想統制などのために、議会・行政・司法・メディアなどにおいて、官僚や裁判官,公務員、国会議員などが組織ぐるみで一致団結して協力し合って、世論操作や情報工作、資料やデータ、文書の改ざんなどをしているともいえるようです。

 

⇒原告に発言の機会を与えない”不正選挙”の不当裁判

⇒不正選挙総論

 

⇒元最高裁の瀬木比呂志氏が暴露「裁判所はいまや権力の番人だ」

⇒司法のおかしさーー 裁判官が主流秩序に従属する構造 事大主義 

 

⇒戦争屋ジャパンハンドラー 東京都知事選

 

⇒官僚が書類を改竄したら、なぜ民主主義の根幹が揺らぐのか?

⇒国政だけでなく、地方議会も全部、不正選挙です!

⇒憲法違反で現不正選挙不正政権を提訴せよ

 

⇒不正選挙出来ない選挙の投票と開票方法とは

 

⇒不正選挙裁判 20180205 まるで儀式のような“不正選挙”の不当裁判

#ニュース #メモ #事大主義 #不当裁判 #不正選挙とは一票の格差どころではない