プロレスはショーであり、ブックやアングル、ケーフェイというものなどの存在を理解する事で、そのような概念は、テレビや新聞、政治の世界や国会の茶番劇などにも相通じるような側面があり、実際に応用されている場合や現実もあるといえるはずです。

⇒ かつてプロレスに殺到した八百長批判 「ショー」の側面を強めた結果か 馬鹿みたいにやり続ければ常識になるの法則