まとめ リンク集 その他諸々

主に様々なリンク集のまとめなどです。

2017年04月

かつては、ユーラシア大陸に広大な領土を誇っていたが、世界史からは消された王国 “ハザール(カザール)”は、“偽ユダヤ”と呼ばれる人々の起源と関連があるという説などもあるようです。# 偽ユダヤ=ハザール起源説 etc...

⇒ クリミアにはハザール系ユダヤ人が住んでいた

⇒ カザール王国復活?:密かに始動か?偽ユダヤ人!

⇒ ハザール 謎の帝国

⇒ アシュケナージの先祖

⇒ ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行について

⇒【動画】ロスチャイルドとハザール・マフィアの悪行 【カザール・ユダヤ・シオニスト・英国・虐殺・バビロン】

⇒【動画】How Powerful Is Kazakhstan? カザールの復活?

⇒【動画】What Are 'The Stans(Satans?)' and How Powerful Are They?

⇒【動画】旧カザール王国 カザフスタン・ウクライナに、逆さまのペンタグラムの地上絵(印章)

⇒【動画】Masonic Symbols - 13 colonies and Washington DC



⇒ 実は今も続く天皇財閥の支配(日銀,日赤,神社だけでなく日本財団,創価学会も)













⇒ エジプト語の「Makhaut」(氏族・一族)が、アイルランド語の 「マック」 になって、「マック・オブ・ザ・ドルイド (ドナルズ) 」に、マクドナルドの名が表れているという説  etc... # ドルイド教の一族 ⇒ マクドナルド

⇒ ユダヤ教の背景に「タルムード」があるという説 etc...













○曾祢益君 次に(b)項について伺いたいのでありまするが、その前に、この我々の手許にありまする日本文というものは條約上の正文ではないと思いまするが、これは訳文ではなくて、日本文というものが一つの、條約の何といいまするか、テキストになつているかどうか、この点を先ず伺いたいと思います。

○政府委員(西村熊雄君) 第二十七條に規定してあります通りに條約の正文の一つでございます。いや、正文ではございません。日本語によつて作成したとありますから、何と申しましようか、正文というのは当りませんが、公文とでも申しましようか、公文であつて、訳文ではございません。

⇒ 参議院平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 昭和26年11月5日


# サンフランシスコ講和条約の日本文は、正文ではなく公文 公文で条約を正式に、まさかのエア批准?!













サンフランシスコ講和条約は、英語、フランス語、スペイン語の三カ国語だけが、ひとしく正文であり、サンフランシスコ講和条約には、日本語の正文が存在しないため、正式には、日本は批准していないはずです。“日本語によって作成した公文を、正文というのは当りません。” etc...

⇒ サンフランシスコ講和条約の「ひとしく正文である」に当たる部分が、「英語、フランス語及びスペイン語」だけに係っていて、日本語には係りません。日本語によって作成した公文を、正文というのは当りません。

⇒ 日本はアメリカの属国である

⇒ 講和条約のうそ



⇒ 【動画】1945年の日本の降伏は、軍事占領の始まりを示すだけ etc...

台湾や日本は、独立国家どころではなく、米国の植民地や属国のようなものに過ぎません。













放射線によってイオン化された空気分子が核となることで発生する、蒸気の凝結(結露)作用を用いて荷電粒子の飛跡を検出するための装置を、1897年にチャールズ・ウィルソン(Charles Thomson Rees Wilson)が発明。 etc...

⇒ 霧箱の原理

⇒ 霧箱の作り方

⇒ レントゲンとX線のリスク意識 改訂版 放射線が危険?!













↑このページのトップヘ