まとめ リンク集 その他諸々

主に様々なリンク集のまとめなどです。

2016年03月

著作権法第32条の条件を満たしていれば、著作権者の許諾を得なくても、公表された著作物は、引用して利用することができます。その利用方法については限定されていません。

▽<出典元のURLリンク>▽

⇒「公表された著作物は、引用して利用することができる。etc...」 著作権法第32条

⇒ 「引用」として著作物を利用するために満たすべき条件とは


# 著作権法第32条













著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、公表された著作物の上演や上映、公衆への伝達・提供などができるそうです。

▽<出典元のURLリンク>▽

⇒ 「著作物の提示についての対価や料金、営利を目的としない場合、上演や上映、公衆への伝達・提供などができる。etc...」(著作権法第38条)













⇒ ヘブロンで負傷したパレスチナ人を、イスラエル兵が射殺するところを撮ったパレスチナ人を、イスラエル人入植者らが脅迫

⇒ 昨年の7月にイスラエル人入植者によって、両親と弟を焼き殺され、孤児となった4歳のパレスチナ人のアハマド君。イスラエル人入植者によって、多数のパレスチナ人が殺害される理由はわからないはず。













小保方晴子氏のSTAP現象や山中伸弥教授のノーベル賞候補といわれるiPS細胞のようには、それほど世間的にあまり知られていないけれども、STAP現象の最先の開発者である東北大学の出澤真理教授のグループが発見した「Muse(ミューズ)細胞」の研究が、STAP現象やiPS細胞の研究成果の発表内容よりも、正しかった事が証明されつつあるともいえるそうです。

▽<出典元のURLリンク一覧>▽

⇒ Muse(ミューズ)細胞及び分離方法に関する基本的な特許が成立

⇒ 「Muse細胞」肝臓の修復・再生に関与

⇒ Muse細胞は生体内に存在する自然の多能性幹細胞

⇒【受賞・成果】iPS細胞を形成できるのは、Muse細胞だけである。

⇒ <iPS細胞>元はMuse細胞 東北大と京都大チーム発見

⇒ ノーベル賞候補「iPS細胞」の正体は、Muse細胞だった!

⇒ STAP現象に関する特許の最先の開発者は、小保方晴子氏ではなく、出澤真理教授である。

⇒ STAP細胞、、、理研より先に開発した者がいたのか!? デザワ・マリ氏とは…


# Muse細胞 # ミューズ細胞













軍事的な紛争だけではなく、第三次世界大戦と呼べるほど大規模な戦争のきっかけや契機、序章などとして、ウクライナ危機が機能してくるようになってきているともいえるそうです。

▽<出典元のURLリンク一覧>▽

⇒【動画】操られた国際紛争 世界最終戦争へのカウントダウン

⇒ ウクライナ危機は第三次世界大戦勃発の契機になりかねない

⇒ 暴かれたオバマの世界陰謀

⇒ ウクライナ騒乱の黒幕はオバマ政権だった!?ヌーランド国務長官補の通話記録が明らかに!

⇒ アメリカの属国である第二韓国 ウクライナに1500億の財政支援

⇒【動画】ウクライナ革命は、金融資本勢によるウクライナ資本強奪

⇒【動画】『ウクライナ危機の本質はプーチン潰しだ①』馬渕睦夫













人類最古の神殿遺跡といわれるギョベクリ・テぺ(Göbekli Tepe)と人類最古の都市といわれるチャタル・ヒュユク(Çatalhöyük)などが凄い!

⇒ ギョベクリテペ 人類最古の遺跡

⇒ ギョベクリ・テぺ 神秘的な世界最古の神殿遺跡 Gobekli Tepe ①

⇒ “ギョベクリ ・ テペ”を知っていますか?

⇒ ギョベクリ・テペ

⇒ Göbekli Tepe

⇒ チャタル・ヒュユク

⇒ Çatalhöyük

⇒【動画】Göbekli Tepe

⇒【動画】Çatalhöyük


# Göbekli Tepe # Çatalhöyük













太陽系の惑星・衛星・彗星・恒星などの天体の公転周期・会合周期の整数倍が、ニネヴェ定数(195兆9552億)と大体一致する循環周期になっていて、ニネヴェ定数を1日の秒数(86400秒)で割ると22億6800万になり、さらに1年の日数(365.2422日)で割ると、6,209,578.19224(約620~630万)となる。

また、銀河が1周する間(約2億2350万年)の太陽系の惑星歳差周期は8640回で、太陽系の天体は、22億6800万日(約620~630万年)周期で元の配置に戻る。

ディヴィッド・ウィルコック氏が算出した銀河の調和的年数が、約2億2354万4814.9201年で、これを、ニネヴェ定数を1年間の秒数で割った数値である20,9578.19224で割り、36という綺麗な整数が導き出される。

6×6=36、36×10=360、360×10=3600、3600×6=21600…。これらの数字の6と10を交互に掛けていくシュメール・バビロニア由来の60進法の形である。

様々な計算の結果、ウィルコック氏は銀河が1周する間に太陽系の惑星は36回最初のスタート位置に戻ると主張した。またこの周期の間に歳差運動周期はぴったり8640回となる。8640という数値は1日の秒数86400のちょうど1/10にあたるそうです。

▽<出典元のURLリンク一覧>▽

⇒ ニネヴェ定数と銀河の1回転

⇒ 宇宙の法則と太陽系惑星の動き

⇒ ニネヴェ定数をどう捉えるか

⇒ どこまでもどこまでも













↑このページのトップヘ