まとめ リンク集 その他諸々

主に様々なリンク集のまとめなどです。

2015年12月

・ポール・マッカートニーとウィリアム・キャンベルは、双子のように見分けづらいですが、横顔や背丈、顔の輪郭などの写真を見比べると、二人が違う人物であるという事が理解できるはずです。


・リンゴ・スターの証言という記事が本当であれば、ジョークとして成立しないような嘘を、リンゴ・スターが言っているとは思えませんが、分かり難い情報については、真偽の確認や検証、見極めなどが肝心であるようです。


⇒ James Paul McCartney (1942-1966)


⇒ Beatle Mystery: Is Paul Dead?


⇒ Paul Mc Cartney Vs Billy Shears (William Campbell).


⇒ FORMER BEATLE RINGO STARR CLAIMS THE “REAL” PAUL MCCARTNEY DIED IN 1966 AND WAS REPLACED BY LOOK-ALIKE February 25th, 2015 | by Barbara Johnson


⇒ 本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?


⇒ 【愛称】「ウィリアム」だと言いにくいので、省略して「ビリー」


⇒ 今のポール・マッカートニーは、ウィリアム・シアーズ・キャンベル


⇒ ポール・マッカートニーがとっくの大昔に死亡しているという事らしいですが


⇒ Brainwashed / George Harrison


# 真偽不明 # ザ・ビートルズ # The Beatles





⇒ トルコの新聞、シリア国境にいるトルコ軍の司令官らがシリア、イラクのIS武装勢力と通信していたことを暴露。


⇒ ネオコンはイスラエルのほか、サウジアラビアやトルコとも手を組んでいる。 ~ トルコ政府がISを支援していることが明確になった。


⇒ ISISの石油密輸を止めないトルコ。12,000台もの石油輸送トラックがトルコからイラク国境に向け延々と連なっている!


⇒ シリアでロシア軍機を撃墜したトルコ軍は戦車部隊をイラクへ侵攻させたが、石油利権絡みの見方


⇒ トルコの研究所は、CIAやモサドの資金源のアフガン産アヘンをヘロインに加工しています...





東京五輪エンブレムに当選した佐野氏の作品では、オリジナルのロゴデザインの特許としての新規性・進歩性に欠けるそうです。


⇒「出来レースでは無かった」という結論が予め決定されていたかのような、摩訶不思議な調査報告書


⇒ 五輪エンブレムの審査委員の平野敬子さんが、佐野研二郎と関係者の癒着疑惑を内部告発!?





【道義的責任】国際人権機関のヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)の代表であるケネス・ロス氏の調査・報告には数多くの嘘や虚偽、欺瞞などがあるそうです。世界的にも著名で影響力のある人権団体や人物であるだけに、道義的に肝心な事柄に関する嘘や虚偽、欺瞞の調査・報告であった場合などには、少なからず問題があるように思います。


⇒ Human Rights Watch FAIL : Uses Photo of American Bombing Destruction To Condemn Assad


⇒ FAKES‘Human Rights Watch’did it again, accusing President al-Assad of using“Barrel Bombs”


⇒ Ken Roth's Twitter Lies, part 2


⇒ Ken Roth's Twitter Lies, part 3


⇒ Ken Roth's Twitter lies, part 4


⇒ Ken Roth's Twitter lies, part 5


⇒ Ken Roth's Twitter lies, part 6


⇒ Ken Roth's Twitter lies, part 7


⇒ Ken Roth's Twitter Lies, all parts


# Ken Roth's Twitter Lies













iPS細胞の元はMuse細胞で、iPS細胞の4種類の遺伝子を組み込んでも、元々万能性を備えているMuse細胞以外では、iPS細胞にはならないそうです。


iPS細胞や新規性・進歩性に欠けるSTAP細胞より、Muse細胞の方が最先の開発研究であるといえるのかもしれません。


⇒ 東北大の出澤真理教授、またまた大ヒットか?! iPS細胞への変身、実は特定細胞のみ…山中伸弥説覆す可能性あり


⇒ ノーベル賞候補「iPS細胞」は幻? 正体は活性化した多能性幹細胞「Muse」だった! iPS細胞は初期化ではなかった?


# Muse細胞 # ミューズ細胞 














STAP現象の最先の開発者である東北大学の出澤真理教授のグループが発見した、Muse(ミューズ)細胞が肝臓の組織修復や再生に独占的に関与していることが、初めて解明されたそうです。


⇒ 「Muse細胞」肝臓の修復・再生に関与


⇒ Muse(ミューズ)細胞及び分離方法に関する基本的な特許が成立


# Muse(ミューズ)細胞














イラクの平定にも使用されたといわれる、高出力の電磁波や音波を照射できるマイクロウェーブ兵器が凄い!


⇒ 登戸研究所・人体自然発火現象・2006年レバノン


⇒ レバノンの現実とスターバックス


⇒ レバノンで起こっていたこと。


⇒ アメリカ軍は、イラク民間人を平定するのに、マイクロ波技術を使用/アラブの声ML


# マイクロウェーブ # 電磁波














STAP細胞より先に特許出願されていたMuse細胞とは、生体内に存在する自然の多能性幹細胞


⇒ 出澤真理教授のミューズ細胞の米国特許出願日は2010年7月14日 小保方晴子氏のSTAP細胞の特許出願日は2012年4月24日


⇒ STAP細胞、、、理研より先に開発した者がいたのか!? デザワ・マリ氏とは…


⇒ Muse細胞は生体内に存在する自然の多能性幹細胞


⇒ iPS細胞 癌発生率65%


# ミューズ細胞の存在は事実だった!?













【革命的発見】体細胞が未分化細胞になり、幹細胞状態として身体組織を作れるようになるという非常に斬新な研究発表が、米国の研究者によってなされたそうです。


⇒ ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。


⇒ STAP細胞、サルで実験 米大「驚くべき結果」 脊髄損傷治療で


⇒ Characterization of an Injury Induced Population of Muscle-Derived Stem Cell-Like Cells


# STAP現象は事実だった!?













実質上の植民地のような沖縄とは


⇒ 沖縄・高江とパレスチナ


⇒ パレスチナ・福島・沖縄をつなぐ


⇒ 人は無関心に苦しむ パレスチナも沖縄も


⇒ 日本による沖縄植民地支配の400年前から続く悲しい歴史



⇒【動画】BEGIN - 島人ぬ宝


⇒【動画】森山良子 - 涙そうそう


⇒【動画】森山良子 - さとうきび畑














米国の軍事組織のような日米合同委員会という機関が、三権分立を破壊し、霞ヶ関を通して日本を支配する仕組みになっているそうです。


⇒ 日米合同委員会が日本の三権分立を破壊している。


⇒ 実質上の日本の中枢機関である日米合同委員会


⇒ 日米合同委員会~もっともらしい名称だが実体は、米軍が霞ヶ関を通して日本を支配するための機関


⇒ これは軍事組織であって、米軍が日本を、霞ヶ関を通して支配するための構造...


⇒ 主権在民・三権分立の欺瞞


# 米軍主権国家の支配構造 # 石屋の頂点














↑このページのトップヘ