まとめ リンク集 その他諸々

主に様々なリンク集のまとめなどです。

2015年04月

古代の寺院や金の精練所だったともいわれる、ボリビアのティワナク・プマプンク遺跡の精巧な石材加工技術が凄い!


⇒ 【動画】Puma Punku and Tiwanaku: 15,000 Year Old Gold Refinery?


⇒ 【動画】Re-Dating Puma Punku And Tiwanaku With Dr. Robert Schoch


⇒ Travel Bolivia: Subterranean Temple at Tiwanaku


#Tiwanaku Puma Punku














⇒ キリスト教信者から見たインカ帝国


⇒ キリスト教は植民地支配の先兵



石で石を叩き削って、平らな石垣にしているそうです?

⇒ ペルーのマチュピチュ インカ文明の遺跡


⇒ 典型的なインカの石造りと遺跡の入り口


⇒ Choquequirao is another "Lost City of the Incas"


⇒ 階段状の農業テラス


⇒ 囚われた皇帝アタワルパは、傀儡(かいらい)や「身代金」の為の人質となり、キリスト教への改宗後「絞首刑」となったとの事。(「アタワルパは冤罪」とも捉えられる)


⇒ 【動画】インカの祖先














甲殻類などの海の生物が陸に上がって、鋏角(きょうかく)類などの昆虫類に進化したらしい。


Yahoo!知恵袋によると、

【節足動物】

・甲殻亜門(エビ、カニ、フナムシ、ワラジムシ、フジツボ、ミジンコ)
・鋏角亜門(クモ、サソリ、ヒヨケムシ、ウデムシ、カブトガニ)
・多足亜門(ムカデ、ヤスデ、ゲジ)
・六脚亜門(昆虫全般)

全て無脊椎動物分類の節足動物の類です。
ちなみに、この分類の中で最も古い種は甲殻類です。
そもそもこれら節足動物は元々は水中(海中)に生息する生物だったのですが
その原始甲殻類の段階で、鋏角類に進化する種と多足類に進化する種に二分岐し
それらが陸上に上がり、鋏角類に移行した種はクモやサソリに進化...

【時系列で見た進化の順序】
甲殻類――――――――――――――→(現代に至る)
甲殻類―→鋏角類―――――――――→(現代に至る)
甲殻類―→多足類―――――――――→(現代に至る)
―――――多足類―→六脚(昆虫)類―→(現代に至る)

ただし学説にもより、海中の原始節足動物の段階で既に甲殻類、鋏角類、多足類に
分岐した、という説も有ります。

との事。


⇒ Monster Tasmanian King Crab


⇒ 【表情】スイカは好きではない感じのカワウソ














終戦時において、「身代わり」になっても、国民の衣食住や生命、大量無差別殺戮の犠牲者などへの配慮の方が肝心であるという陛下の人徳や人柄に触れたマッカーサー元帥は心服し、「天皇とはこのようなものでありましたか! 私も、日本人に生まれたかったです。陛下、ご不自由でございましょう。私に出来ますることがあれば、何なりとお申しつけ下さい」「陛下は磁石だ。私の心を吸いつけた」と語ったとの事。

⇒ 昭和の日


それにしても、開戦の詔勅の「自存自衛の為、障害は破砕する以外ない」という判断は理解し難く、障害は破砕する以外の方法があるはず。












⇒ 【動画】三権分立の闇

小沢一郎氏の強制起訴の時期の検察審査会のように、公的な記録に関する事柄などの開示請求は、何時までも待たされたり、肝心な箇所だけ省かれたり、黒く塗り潰されたり、意味のない状態にした上で、国民に開示される仕組みになっている為、実質的に、日本は「三権分立」や「国民主権」からは程遠いといえる。













⇒ 「米国は日本のどこにでも米軍基地を作れる」と日米地位協定で定められている



⇒ 「米国は日本のどこにでも米軍基地を作れる」と日米地位協定で定められている 2



⇒ 「米国は日本のどこにでも米軍基地を作れる」と日米地位協定で定められている 3



⇒ 4月28日は「主権回復の日」ではなく、「米国による日本占領の日」














↑このページのトップヘ