⇒ WHOとドイツの基準値について


・WHOの基準値は、ヨウ素131、セシウム137ともに、10Bq/kg

・原子力事故などの緊急時において、WHOの基準値は、IAEAと同様に、ヨウ素131が3000Bq/kg、セシウム137が2000Bq/kgとなる。

・日本の基準は、ICRPのガイドラインの値を踏まえて、ヨウ素が300Bq/kg、セシウムが200Bq/kg

・ドイツの基準値とされている、ドイツ放射線防護協会の提言では、セシウム137については、乳児・子ども・青少年は4Bq/kg、成人は8Bq/kgを基準値とすることを提唱している。etc...

⇒ 日本における放射線リスク最小化のための提言