薩摩川内原発の稼働停止を公約に掲げていたのは、あくまでもフィクションであり、いわゆる“ドッキリの前フリ”のようなものであって、実際には、三反園訓知事は原発推進派だったという“オチのネタばらし”後に、反原発派や多くの県民などは、やっと自分たちが騙されていた事に気づいてみたところで、何ひとつ安心できないので、三反園訓知事の公約は、“悪質なドッキリの前フリ”のようなものであるなどともいえるようです。


<参考ページURL一覧>

⇒ 希代のペテン師・三反園知事に「リコール」の声
⇒ 三反園知事 脱原発の言葉に命はあるか
⇒ 三反園鹿児島県知事 母校講演のお粗末